白いカプセルを持っている男性
公開履歴
脱毛を心配している男性

発毛や育毛が正しく行われるためには、毛母細胞が活発に分裂することが必要です。
そして毛母細胞が活発に分裂するためには、じゅうぶんな栄養がそこに届くことが必要で、そのためには血行が良くなければいけません。
そのため頭皮の血行が悪くなると、毛母細胞がじゅうぶんに分裂できなくなるため、薄毛や抜け毛と言った頭髪トラブルが出やすくなります。
これは老若男女問わず、薄毛や抜け毛が発生する大きな原因のひとつです。
この原因を解消するため、詰まりは頭皮の血行不良を改善するために用いられるのがミノキシジルと言う成分です。
このミノキシジルは元々は血管拡張剤として開発され、主には高血圧患者の症状改善のために使用されていた成分です。
高血圧の人は、常時、血管に負担がかかっている状態です。
そのためどうしても血流が滞りがちになりやすいため、それを改善するためにミノキシジルを含む薬が経口薬として使用されていたと言うわけです。
ところが、ミノキシジルを摂取し続けていた高血圧患者の多くに多毛症の症状が見られたことから、発毛や育毛に対しても有効なのではないかと言う研究が開始されました。
多毛症とは、毛の量が多くなることは勿論のこと、生えてくる毛が太く、濃くなる症状のことです。
そして研究の結果、ミノキシジルの血管拡張作用は頭皮の血管に関しても有効であり、そのことで頭皮の血行不良を原因とする薄毛や抜け毛などの改善も効果が期待できると言うことが明らかにされました。
ただし現在、ミノキシジルを含んだ内服薬に関しては国内では未認可です。
個人輸入などで利用するのは個人の自由ですが、元来は医療現場で使用されていたほどの成分であると言うことを認識しておく必要があります。
日本でミノキシジルを利用する場合には、それを含む育毛剤を利用するのが一般的です。